痛い社会勉強でした

私が25歳の時の話です。
結婚と妊娠で勤めていた会社を退職し、専業主婦になりました。

主人だけの給料になり、以前ほど経済的に余裕があるわけではなく、
それまで共働きで自由にお金を使っていたこともあって同じような生活を続けて行くことはどう考えても不可能な状態でした。

それでも主人には給料が少ないとか、自由に使えるお金が欲しいとか、なかなか言えず出産までの短い期間でもアルバイトくらいはできるかなと無料の求人冊子を見ていたら求人よりも目についたのは「主婦でもバレずに借りれます」の文字。

今思えば怪しいであろうその広告もその時の私には気づくことも出来ませんでした。
電話してみると「あれ?」と思われる対応ばかり。たった数万円を借りるつもりだった私に
口上手く「あなたには借りれるような信用がないけど、特別にいいところを紹介をしてあげるから」と別の業者に電話をして言われた通りの受け答えをするように言われました。
このあたりで私もだんだんおかしいなを状況を掴んできたのですが、逆らうと怖いなという気持ちもあったのでその電話の主の言う番号に電話をして、20万円を借りることになってしまいました。

その時の借入先は有名な比較的大きな会社だったのでよかったのですが、その後、なぜか半分の10万円を手数料として振り込んでと言われ、またまた怖くなり振り込んでしまいましたが…。

最初から自分でその借入先に電話してればこんな損はしなかったなぁを思いつつ、それでも10万円は手元に残ったので、悲しいですが生活に潤いは戻りました。

それから主人には内緒で毎月ちゃんと返済を続け、出産してまた勤めに出たので完済することができました。
今でもいい意味で社会勉強になったなぁと思っています。怪しい広告には気を付けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です